<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧








金継ぎ教室には素敵なパンフレットがあるけれど、ギャラリー満にはない。

名刺も配らない。

広告もださない。

ところが、最近なんだか、なにかが欲しい。

梅雨の晴れ間のほんのひととき、考える時間。






c0203328_13423117.jpg





c0203328_13425659.jpg





c0203328_13431242.jpg





c0203328_1343277.jpg













人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
by gallery_man | 2018-06-25 13:43 | 徒然なるままに | Comments(0)

すももとチョコレート






c0203328_12525455.jpg







午前中の時間はぼーっと過ごすことが多いが

一人になると、いろいろ考える。

器好きが器屋になって、そろそろ後半戦に入った。

いつまでこの仕事ができるのだろうかと、真剣に考えたりする。




できうるならば、また次に生まれ変わってくることができたら、

私は、この器の仕事の続きをしたいと思う。

したいなあと、心から思う。

そんなことを想像しながら苦い珈琲と一粒のチョコで一人お茶をする。






c0203328_1345342.jpg






c0203328_13462734.jpg






c0203328_1346472.jpg






c0203328_1347141.jpg










人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
by gallery_man | 2018-06-23 13:47 | 古伊万里 | Comments(0)

豆皿






わたしは器が大好きですが、そのなかに小さな豆皿があります。

長く使っている食器棚の一番手前に、いつも重ねて置いている豆皿です。

たからもの、、です。

自分のものになる器は、なかなか売れない残り物か、傷物かになりますが

わたしの中では結構レベルの高い、いい器が残ったなあと思っています。

小さな豆皿はあまり出番がないように見えますが、我が家では良く活躍しています。

お蕎麦や冷そうめんのとき、薬味を入れます。

美味しい一粒チョコものっけます。

大事なたからものです。





c0203328_1725316.jpg







c0203328_17251731.jpg









お店にある豆皿を大事に抱えて持って帰り、マットにのせてみました。

こうやって並べてみると、ひとつひとつの小さな器の世界が広がります。

豆皿の世界は奥深いです。








c0203328_1729610.jpg







c0203328_17292577.jpg












人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
by gallery_man | 2018-06-22 17:30 | 徒然なるままに | Comments(0)





c0203328_17273755.jpg






c0203328_1727546.jpg






c0203328_17281592.jpg







私はこんな器が好きなのです。

なんというか、力強くて、てらいがなくて、楚々として、上品で、、

飽きない蛸唐草の美しさ。

小さな覗きに負けない、これもまた存在感のある豆皿。

手の中にすっぽりと入る器なのに、凛とした姿、小さいながらも堂々とした雰囲気。

胸の中を満ち足りた気持ちにしてくれる器です。




こんな器はちょっとしゃれて、苦い珈琲と一粒のチョコレートでと思ったけれど

うちの人曰く、やっぱ美味しいお茶だろう、と。

そんなわけで、香り豊かな新茶とつぶれ梅で一杯。






c0203328_17374576.jpg






c0203328_1738271.jpg






c0203328_17382022.jpg










人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
by gallery_man | 2018-06-18 17:39 | 古伊万里 | Comments(0)






c0203328_13494736.jpg





c0203328_1350627.jpg





c0203328_13502316.jpg





c0203328_13503679.jpg







夏がはじまった。

季節が巡ると夏の暑さも懐かしく、今からやってくる猛暑も覚悟が決まる。

そんな夏のはじまりのテーブルは、やっぱり染付が似合う。

蛸唐草の器はなじみがあるが、この器はまた格別だ。

裏面も隙間なく描かれた唐草の模様。

裏返すとため息がほとばしる。

今朝はこの贅沢な器で朝食をとる。






c0203328_13583775.jpg











人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
by gallery_man | 2018-06-07 13:59 | 古伊万里 | Comments(0)

熊本市新屋敷にある陶器と李朝と掛け軸のお店ギャラリー満のブログです


by gallery_man