器 ギャラリー満

お軸は表装に惹かれて





c0203328_15414827.jpg







c0203328_18164847.jpg







c0203328_15424100.jpg







若い頃に表装を習いました。

好きな絵や書を自分で掛け軸に仕立てる、その工程にのめりこみ楽しい時間を

費やした記憶があります。

そのうちに、仕事で扱う掛け軸のお仕立てに、目がいくようになり

古いお軸の表装には金襴や緞子といった古の裂が使われていることが解ります。

その美しい刺繍裂で仕立てられた掛け物をみているとそれぞれの意味合いが込められているようで

掛け軸を眺める楽しみは深まるばかりです。





最近はぐんと古い掛け軸ににめり込んでいく私がいて

古いお軸の裂の素晴らしさを、どう伝えようと、はやる気持ちばかりが

先回りしますが、なかには同じような思いになるお客様もいてくださいます。

表具、意味合いともに心が動くお軸は少ないですが、そういうモノが行くべきところに

辿り着けば、私の仕事は本当に幸せな仕事だと言わざるを得ません。





今日の掛け物は古い古い大和絵のお軸です。

作者名も不詳、かなりの時間が経過しています。

中回しには地模様入りの紫の古裂、松の木の足元でくつろぐ御家来衆の着物にある家紋と

なにか繋がりがあるような気がしています。

そんな想像まで膨らませる掛け軸の美の世界に夢中でおります。






納戸から久しぶりに引っ張り出した古い李朝の四方膳。

お軸を眺めながら、お茶を点てました。

小布施の栗ようかんとともに一幅。






c0203328_1173092.jpg







c0203328_16421953.jpg







c0203328_16425894.jpg











人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
# by gallery_man | 2017-06-21 15:48 | 掛け軸 | Comments(0)

古伊万里染付蔦唐草七寸皿






c0203328_14455634.jpg








夏の季節は染付の器を使いたくなります。

朝の時間は、特にそう思います。

私は、古い器が好きですが、できれば時代のある江戸中期頃の器を手元に置き

長い時間を楽しみたいと常々考えます。

けれども、透明感があり手の込んだ上手の揃いものが少なくなったのも実感しています。

そんな中、見つけた江戸中期の、藍の色も鮮やかな蔦の葉模様の七寸皿。

料理を盛る面はフラットで和食の器というよりも、洋食にも似合う素敵なディナー皿に

なりそうです。




いつもはコーヒーとヨーグルト、ひとかけのパンといった朝食ですが、昨夜は家人ともに

お酒の後は炭水化物をぐっと我慢したせいか、朝からお腹が空きました。

そこで、ソーセージを焼いてフルーツを添えただけの朝食ですが、改めて器の楽しさを

感じたひとときになりました。

毎日の食事には、やはり器は大事だなと、つくづく思います。

年々歳を重ねるごとに、有意義な時間を過ごしていきたいと、よく二人で話しますが

こういう何げない食卓こそが、そんな時間ではなかろうかと思っています。






c0203328_1581688.jpg










人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
# by gallery_man | 2017-06-18 15:13 | 古伊万里 | Comments(0)

古伊万里白磁皿にアラビアータ






c0203328_1855990.jpg







フレッシュトマトが安かったので、ニンニクと鷹の爪をいれてアラビアータのソースを作った。

家人が早く仕事に出かけた昼は、ゆっくりと美味しいものを食べよう。

出来立ての熱々パスタの美味しいこと。

好きだなあ、アラビアータ。






c0203328_18111178.jpg








c0203328_18112520.jpg










 
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
# by gallery_man | 2017-06-11 18:12 | 古伊万里 | Comments(0)

白磁の壺に紫陽花そしてテーブルクロス






c0203328_1801467.jpg








c0203328_1803085.jpg








c0203328_1804634.jpg








薄桃色とグリーンがかった紫陽花を店先で見つけて、早速古伊万里の白磁の壺へ。

部屋の模様替えはお軸と花入れで完了。

そして、不思議なことに昨日手に入れたテーブルクロス、この薄桃色と同じ雰囲気の

古い布。

端のほうは、ほつれていたりするけれど、そんなことはほとんど気にならない。

我が家の長いテーブルにかけたりしたが、本当の使い道は別にあるのです。

それはまたいつの日か。







c0203328_18135124.jpg









人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
# by gallery_man | 2017-06-08 18:15 | 古伊万里 | Comments(0)

好きなモノと暮らす





c0203328_1448742.jpg







小さなベランダには一昨年挿し木した紫陽花と花屋の店先でみつけたピンクの野ばら、

片隅には織部の鉢に金魚が二匹、そして口欠けの大壺。

忙しない日々も、僅かな時間ですが、この小さなベランダをを覗くとなんだかほっとします。

器屋ですが、壺が好きです。

今朝は李朝の白磁の壺を置いてみました、はかなげな染付の草花がなんともいえず。

こういうモノも暮らしには重要な役割があるような気がします。








c0203328_1554781.jpg








ここ最近、ブルーグレーのランチョンマットが気に入って、こればかり使います。

このところ、暑くなったせいか朝はコーヒーから野菜ジュースに変わりました。

今朝は家人が人からいただいたベーグルと目玉焼きの朝ごはん。

器は、古い古伊万里の七寸皿、売るばかりの私が無性に手元に置きたくなった器です。

年々歳を重ねると、いろいろなことに我儘になっていくのが自分でもわかります。

これからは無理をせずゆっくりと、仕事も暮らしも好きなモノ、心が動くモノに囲まれて

過ごしていきたいなと思っています。







c0203328_15201079.jpg









 
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします040.gif
[PR]
# by gallery_man | 2017-05-22 14:49 | 徒然なるままに | Comments(0)